往復ミットの時

どうしても早く往復してしまいがち。大事なのは、丁寧に相手を想定してやれるかが大事。蹴りの高さ、振り手、軸の位置、ガードの高さなどなど。

終わった人も友達の動きを見て学びます。

これはとっても大事な時間です。



14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示